月別アーカイブ: 2015年7月

J-STAGE公開裏ワザ(2)

J-STAGE公開の裏ワザです。
今回はタグの省略した「なんちゃってXML」でJ-STAGEアップロード・公開ができるということです。

JATS-DTDに準拠するXMLファイルのリファレンスはタグのオンパレードです。
もちろん、J-STAGEにアップロードするXMLファイルもJATS-DTDに準拠するXMLファイルでタグのオンパレードとなります。

ただし、J-STAGEにアップロードXMLファイルのリファレンスはタグ簡略OKなのです。
それはリファレンスの解析をジャパンリンクセンターがしてくれるからです。

ですのでリファレンス部分はXMLタグを簡略した「なんちゃってXML」で書いて楽(ラク)しましょう。
タグの記述が無い分、間違いも減り、アップロードエラーも減りますよ。

リファレンス部分のタグの簡略した「なんちゃってXML」でもJ-STAGEアップロード・公開ができる裏ワザでした。

J-STAGE公開裏ワザ(1)

J-STAGE公開の裏ワザをご紹介します。
未だにJST提供の「書誌XMLツール」を使ってXML作成の方ご苦労様です。「書誌XML作成ツール」は使い勝手が悪いと不評です。
わざわざ「書誌XMLツール」を使わなくてJ-STAGEアップロード・公開ができるいい方法をご紹介します。
手順は
1.最低限のXMLを作ってJ-STGAEにアップロード
2.アップロード後に記事編集で データを書き換え
3.公開設定
となります。
この方がXML作成が簡単で、項目も最小限なのでアップロードエラーも少ないです。
それで大事なのがJ-STGAEにアップロードする「最低限のXMLファイル」です。
「最低限のXMLファイル」で必要な書き替え項目は「発行年」「巻」「号」「開始頁」の4か所です。*このファイル書き換えの注意点は文字コード「UTF-8」で保存できるテキストエディタソフトを使用することです。

「最低限のXMLファイル」のサンプルひな形ファイルはここからダウンロードしてください。

「書誌XMLツール」を使わなくてJ-STAGEアップロード・公開ができる裏ワザでした。

PDFファイルのダウンロード数2倍に

J-STAGEで公開方法を
書誌情報 → 全文テキストHTML
に変更するだけで
「PDFファイルのダウンロード数が2倍に増えた」
と学協会様より報告を受けております。

学協会様には朗報で、投稿数アップにもつながります。
それでもなぜ学協会様は全文テキストHTMLに消極的なのでしょうか?

コスト面が問題でしたら「XML組版」で解決しますので、
単なる工程を変える抵抗感だと思います。

ただ、工程を変えるだけでPDFファイルのダウンロード数2倍になるのなら、
変えるべきだと思います。

日本プリプレスへお問い合わせ

国際標準のJournal公開に向けて(2)

複数の学協会様から「J-STAGEで書誌情報公開から全文 HTML公開に変更したところ、PDFファイルのダウンロード数が倍に増えた。」とお聞きします。
誰がどう考えても「全文 HTML公開」と言うことになります。

J-STAGEを国際標準のJournal公開サイトにするためにも、全文HTMLファイルでの公開を是非考えてください。

後は「全文 HTML公開」で問題となるのはコストだけになります。
コストの解決策は弊社HP「XML組版でコストダウン」をご覧ください。

日本プリプレス HP

国際標準のJournal公開に向けて(1)

海外のオンラインジャーナルサイトは、どのサイトも全文(Full Text)HTMLで公開しています。オンラインジャーナル=Full Text HTMLです。

global_Journal_platform

もはやPDFだけで公開しているジャーナルは、海外ではオンラインジャーナルとは言えません。

もちろん、J-STAGEもFull Text HTMLでの公開が可能です。
しかし、J-STAGEは全収録誌数: 1,860誌とありますが、オンラインジャーナルと呼べるのは、和文誌 15誌、英文誌 28誌(合計 43誌)で、これでJ-STAGEが「日本最大級の全文学術情報サイト」と言えるのでしょうか。

J-STAGEを国際標準のJournal公開サイトにするためにも、全文HTMLファイルでの公開を是非考えてください。

日本プリプレス HP

学術和文誌のオンラインジャーナル少なすぎ(15誌だけ)

平成27年7月1日現在でJ-STAGEから公開されているオンラインジャーナルは欧文誌28誌、和文誌15誌(合計43誌)です。
欧文誌はJ-STAGE以外のプラットフォームから公開しているジャーナルは多いかと思います。
しかし、和文誌はJ-STAGE以外の公開プラットフォームはありません。
和文誌のオンラインジャーナル15誌とは余りにも少なすぎませんか?
もう少し頑張りましょうよ。全文テキストXMLファイルを用意するのはそんなに難しいことでは無いんですから。

●和文誌 (15誌)
JAMSTEC Report of Research and Development (海洋研究開発機構)
Journal of Computer Chemistry, Japan (日本コンピュータ化学会)
Tropical Medicine and Health (日本熱帯医学会)
行動医学研究 (日本行動医学会)
日本消化器外科学会雑誌 (日本消化器外科学会)
日本官能評価学会誌 (日本官能評価学会)
育種学研究 (日本育種学会)
産業衛生学雑誌 (日本産業衛生学会)
情報管理 (科学技術振興機構)
鉄と鋼 (日本鉄鋼協会)
日本看護科学会誌 (日本看護科学学会)
日本歯周病学会会誌 (日本歯周病学会)
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 (日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会)
日本皮膚科学会雑誌 (日本皮膚科学会)
社会心理学研究 (日本社会心理学会)
●欧文誌 (28誌)
ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA (日本組織細胞化学会)
Anthropological Science (日本人類学会)
Biological and Pharmaceutical Bulletin (日本薬学会)
Breeding Science (日本育種学会)
Cell Structure and Function (日本細胞生物学会)
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (日本薬学会)
Circulation Journal (日本循環器学会)
Current Herpetology (日本爬虫両棲類学会)
Food Science and Technology Research (日本食品科学工学会)
Food Safety (内閣府食品安全委員会)
Genes & Genetic Systems (日本遺伝学会)
Hypertension Research in Pregnancy (日本妊娠高血圧学会)
Industrial Health (労働安全衛生総合研究所)
ISIJ International (日本鉄鋼協会)
The Horticulture Journal (園芸学会)
Journal of Applied Glycoscience (日本応用糖質科学会)
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition (日本酸化ストレス学会)
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (園芸学会)
Journal of Occupational Health (日本産業衛生学会)
Journal of Pesticide Science (日本農薬学会)
The Keio Journal of Medicine (The Keio Journal of Medicine)
KONA Powder and Particle Journal (ホソカワ粉体工学振興財団)
Microbes and Environments (日本微生物生態学会・日本土壌微生物学会)
Mass Spectrometry (日本質量分析学会)
NMC Case Report Journal (日本脳神経外科学会)
Proceedings of the Japan Academy, Series B (日本学士院)
The Tohoku Journal of Experimental Medicine (東北ジャーナル刊行会)
FUKUSHIMA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE (福島医学会)
  [平成27年7月1日現在]
*海外では今、オンラインジャーナルは全文テキストをHTMLで公開しているジャーナルのことをいいます。PDFだけではオンラインジャーナルとは呼びません。(海外出版社より)