J-STAGEセミナー「貴ジャーナルの国際的プレゼンス向上を応援します」に参加して(1)

JSTの「J-STAGEにおける国際発信力強化に向けた取り組み」では
1.外部サービス
2.検索エンジン
この2つからのアクセスを重要視しているようです。
ただ、この2つはJ-STAGEとしてはあくまで他力本願で、外部サイト(PubMedやScopus、Web of SienceなどのDB)に収録されないと効果ありません。まずは外部サイトのDBに収録を申請することになります。

やはり、自力で広く読まれる為にできることはSNSに(特にReserchGate)公開することがいいと思います。
(ただ、ReserchGateからJ-STAGEへの誘導(リンクを貼ること)がまだ未解決です)
まずはすぐできるFacebookやTwitterで広く多くの方に読んでもらうことがいいんではないでしょうか。

SNS公開のお手伝いしています。

「いくら良い論文でも、読んでもらわないと何も評価されません。まず論文は、読んでもらうために目に触れることを多くしましょう。」(トムソン・ロイター社ご講演より)